啓蟄

「啓蟄」とは、
大地が暖まり 冬眠していた虫が、春の訪れを 感じ、穴から出てくる 頃。

何だか、やりたいことが いっぱい 頭に 浮かんだのです。
啓蟄の 今日だから、「やる気」 が 虫ように ムクムクと
土から 出てきたのかしか?

つい先日、ただ今、私のハマりもの 「世界の終わり」 が 4年ぶりに
2枚のアルバムを 出され、当然 購入。


そこへ、タイミング良く ファンクラブペーパーが 届きました。


その中での 深瀬君の
言葉にも 影響されています。

・・・
ある日ふと、「なんか俺アルバム発売前に 死にそうだな」 って思ったんですよね。
でも まだ見届けたいものが たくさんあるし、メンバーと やってないことも たくさんあるから
・・・
Saori ちゃんが書く 僕らの自伝小説映画化が 大ヒットするためにも、
もう少し 生きていたいなと思います(笑)
・・・

以前、世界の終わり ピアノの「Saori」 さんの 小説 「ふたご」 を 読みましたので
深瀬くんの精神状態は、いつも気になって 聴いていました。

そんな 深瀬君の 「やっていないことを やりたい気持ち」 は
60歳を 間近に迎える私も 同じなんです。

やりたいこと いっぱい やらないと!
そう考えていると、自分は、できる環境 (場所や 家族の理解) に
いることに 気付き (やっと?)、やるしかない!

啓蟄に 感じたことでした ・・・
 
 

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

過去の日記
NOU STYLE
リンク
Feeds
カウンター

合計: 655500

  • 本日: 7
  • 昨日: 120